パチンコ web 広告

パチンコ web 広告

「あなたが書きたかったもの」が書けない状況で連載を始めても、ただの苦行でしかないのです

 しかし短編小説でテンプレートから少しずつ逸れていき、それでも読み手がついてこられるようなら

「あなたが書きたかったもの」を書いても読み手はけっして離れません

 むしろ「あなたが書きたかったもの」を読みたがるようになります

 だからこそ、初心者のうちはテンプレートを踏襲しても、書き慣れてきたらテンプレートから少しずつ逸れていかなければなりません

 逸れていかなければ、読み手はテンプレート作品を読みたいだけで、それはなにもあなたの作品でなくてもかまわないわけです

あなたも好きかも:nemo 韓国 語
 多くの読み手を抱えるトップランカーにも「テンプレートを踏襲しているから読まれる」だけの作品が目立ちます

 前述しましたが、テンプレートを踏襲している作品は十中八九紙の書籍にはなれません

 テンプレート作品がその小説投稿サイト内だけでしか盛り上がっていないことを、出版社レーベルは過去の出版経験から学んでいます

 紙の書籍にしても売れる小説は、テンプレートのようでありながら、ひとクセもふたクセもある書き手独特の作品なのです

あなたも好きかも:パチスロ アクアビーナス
 今テンプレート作品を連載している方にご忠告致します

 このままでは紙の書籍にはなりません

あなたも好きかも:スロット 朝一リセットとは
 その他大勢と大差ない作品は、紙の書籍にしても売れないからです

それこそ小説投稿サイトで読めばよい

 それでも文章力があれば、「小説賞・新人賞」を授かって紙の書籍化もない話ではありません

しかし変わらないのは主人公だけで、他は総取っ換えという「地獄の書き直し」が待っています

 テンプレートだけで成り上がれるほど、小説の世界は甘くないのです

誰も書いたことのないものを書く「小説を書く」のは、読み手に伝えたい物語があるからです