広島 6日 イベント パチンコ

広島 6日 イベント パチンコ

「獣姿ならともかく、人型のものと一緒に入浴する趣味はありません

一人で体くらい洗えますよね?」「………ネアは、冷たい」ようやく名前を覚えたらしく、怒ったような声で小さく呟く

「何か仰いましたか?」「……一人で入れる」「いい子ですね

あなたも好きかも:パチンコ 甘デジ 投資額
きちんと頭と尻尾も洗うのですよ?もし大変だったら、尻尾だけは洗ってあげましょうか?」「駄目だからね」欲望を隠しきれずにそう提案すると、ディノがすかさずそれを阻止した

「尻尾を自分で洗うのは大変なのでは?」「そうだ

尻尾くらいは洗うべきだ!」「黙ろうか、グレイシア」「……お前、何で俺の名前を知ってるんだ?」この屋敷に戻ってから、ディノは擬態を解いて白い魔物に戻っているのだが、送り火の魔物は特に怯えた様子もない

あなたも好きかも:スロットマシン 素材
白色の意味を知らない子供なのではと、ネアは先程から訝しんでいる

あなたも好きかも:パチンコ屋 営業時間 長い
もしくは、あの前髪で見えないとか

(いや、流石にちゃんと見えてるよね……)鬱陶しいので、機会を見て切り捨ててやるつもりだ

そう考えて鋏をジャキジャキしながら浴室の前に立っていたら、ディノに鋏を回収されてしまった

「ディノ、鋏を返して下さい

例えお洒落であっても、あの前髪はいけません」「ネア、下位の魔物の髪は、魔術を編むのに必要なんだ

爵位持ちなら兎も角、あの階位のを切ると祝祭もこなせなくなるよ」「……そうなんですか?ディノも?」「私は特に支障はないだろうけれど、魔物は生まれた時から姿を変えないからね

この髪も短かったことはないな」「成る程

あのぼさぼさも切ってはいけないんですね

……頭頂部で一つに結ぶか……」「ネア、もっと色々な髪型があると思うよ……」送り火を連れて食事に行くと狩られてしまうかもしれないので、ネアは今晩も夕食を作ることにした

下拵えを済ませるとちょうどいい時間だったので、タオルを手に浴室に向かう