サンダー スロット レギュラー

サンダー スロット レギュラー

それにどうやら、キョウが鍵になっていたようだ

見てすぐに歯車が合っていないとはわかったが、自力で戻すとは思わなかったな」「……そういえば戻ってるね」「思い出したか」「うん

あなたも好きかも:カジノがある国
あー気が重いなあ

ここ数日で随分と迷惑かけちゃった」「お嬢ちゃんが悪い」「んー、それはわかってるけど踏んだり蹴ったりじゃん

あなたも好きかも:また負けちゃった
鏡の向こう側に紛れ込むなんて思ってもいなかったし」「その辺りは想像するしかないね

少なくとも俺は起因を作るだけの役目だ

ただその銅鏡は嬉しがっているようだよ」「へええ、けーおじさんってそんなことわかるんだ」「これでも店主だ

その銅鏡は本来、水に沈めて使うものでね

あなたも好きかも:ローズ パチンコ
良かったら帰りに持って行きなさい

それを彼女も望んでいる」「それは後で

――さっちゃんどこ? あと水の人」「上がりなさい

構わないよ」「じゃ、お邪魔します」 脱いだ靴を揃えてから母屋へと向かい、場違いにも思える水の気配を辿った先に彼らはいた

こちらを見た反応は違う――暁は笑い、咲真からはどこか警戒の気配が発せられている

「よォ鏡の」「あ……水じゃなくて雨だ

さっちゃんもありがとね」「咲真だ

感謝されるようなことをした覚えはないがね」「そ? ま、べつにいいんだけど――あ、あたしにもお茶くれないかな?」「……少し待っていろ」「ありがと

――で雨の人、何笑ってんの」「暁だ