アクエリオン ぱちんこ 攻略

アクエリオン ぱちんこ 攻略

ランディスさん」「そうだよね

もしそんなときに、例えばベンドル王帝国の部隊が一直線に王都を目指してきたら……対処は間に合わない」 シノーペが言ったことは、いくらなんでも宰相閣下はやらないと思うけれど……万が一やらかした場合の、最悪の結論だ

あなたも好きかも:ワイルド ジャングル カジノ 登録
 つまり、俺とテムに王都の護りをさせたいがために多くの戦力を割く、なんてことを宰相や王太子が命じた場合、その隙にベンドルの部隊が王都を狙ったら簡単に都は落ちる、だろう

まだ、多くの人々が住んでいるであろう王都が、戦場になる

 ふと、セオドラ様がちょっと遠い目になった

「ベンドルといえば、密偵を昨日一昨日と五名ほど見つけまして

義兄上が、大変楽しそうにぶん殴っておられました」「サファードであったか? そちらは任せておいてよかろう、妻子のためにも領地のためにも、害虫退治に精を出すであろうからな」「あー

こう言っちゃ何だけど、テムに同感」 うん、サファード様なら密偵でも山賊でもきれいに片付けるだろうね

主にメルランディア様と、これから生まれてくるお子様のために

「その間にまずは、こちらも方策を考えようぞ

我が結界には、愚か者部隊は一歩も入れぬであろうがな」 そうしてテムの号令に、俺たちは一斉に思考タイムに入った

「さて、何をしてあげるか……」何も考えずに脊髄反射でここまで話してたせいで、しわ寄せが来てるよね

あなたも好きかも:パチンコ ハマりすぎ 警察
もうちょっと考えてから発言したいところ

若干期待よりの表情をしているアリスの扱いに困りながらも、灰色の脳細胞を回転させて上手い感じの罰を考える

来た来た来たっ!脳内の細胞が完璧な発想を産み出したわっ!これが私にとっても、そしてアリスにとっても完璧でwin-winの関係ってやつよ!「それじゃあ、アリスに課される罰が決まりました」まあもちろん形式上は罰にしなきゃいけないわけだからね??へへへへへ……うわなにこの変人びっくり箱、気持ち悪……まあいいや、別に自分に嫌われたとしてもアリスに好かれれば何も問題なくない?そうね、はい解決!「暫くの間、私はアリスのことを嫌いになります!」満面の笑みで告げられたその言葉は、絶望を促すのに十分だったらしく、『え……?』みたいな顔をしているアリスの顔をお目にかかれる

やったね、これを独占してるってだけで後5000年は生きていられるよね

「……そして、その状態からアリスが私を惚れさせるまで、そのままってどう?」いやどう?も何も罰ゲームの選択権がこちらにある以上、アリス側に選択権なんてないんだけどさ