稲城市 パチンコ

稲城市 パチンコ

 足裏には、柔らかい砂を踏む感触

 満天の星空による微かな光が、黒い海原を微かに照らす

 屋外だ

あなたも好きかも:ほのぐらい パチンコ
 場所は、当初の設定どおりに無人島の浜辺

 時刻は『異世界』と変わらず、深夜

 故郷に帰ったという感慨にふける間もなく、僕は情報収集を始めて――「――魔法《ディメンショ――、――――っ!」 島全体に《ディメンション》を展開しようとして、途中で飛来してくる物体を感じ取る

 細長く尖ったシリンダー形状の弾丸が、三連発

 麻酔薬か何かの薬品を注入して、僕を捕獲するつもりなのだろうか

あなたも好きかも:スロット キングダムハーツ
 魔法を使うまでもない

 その温い攻撃を訝しみながら、最小限の動きで身体の体勢を動かして、かわす

 その際、僕は一歩だけ移動した

 砂浜の下に、固いものが埋まっている感触があった

反射的に、僕は凍らせる

あなたも好きかも:パチンコ ガロ 魔界 の 花 演出
「――魔法《フリーズ》」 おそらく、僕が出てくるところに、地雷のようなものを埋めておいたのだろう

 先の魔法《ディフォルト・武装破壊(アーマーブレイク)》の応用で、即座に足元の触れた物体を『持ち物』に放り込む

 そして、その僕の魔法の隙を突いて、更なる追撃の銃弾が飛来してくる

 しかし、一度弾速を確認して、足場を確保した僕にとって、それは魔法の矢が飛んでくるのと変わらない攻撃だった

 足に力をこめて、砂浜を穿つつもりで蹴り、跳ぶ

「――魔法《グロース》《イクスワインド》《ディフォルト》」 魔法で身体強化して、風を纏い、距離を歪ませての跳躍だ