スロット 喰霊零 運命 やめどき

スロット 喰霊零 運命 やめどき

 その視線に驚くライの様子を見、気に掛かったレイが聞く

「……? どうしたの、ライ?」「あ、いや……あの女性さ……此方《こっち》の方を見てない?」 ライは戸惑いながら女性に指を差し、小声で話す

それを言われ、レイとエマは闘技場に居る女性の方を見やった

「……確かに……そんな気もする……」「うむ……

瞬《まばた》き一つせずに見ておるな」 だろ? と、視線で言うライ

あなたも好きかも:レイヴ パチンコ 保留
レイとエマも頷いて納得する

やはり二人の意見からも女性は此方を見ているのだろう

あなたも好きかも:スロット rtp ランキング
 ──そんな事を考えていた次の瞬間、闘技場の女性が此方《こちら》に手を翳《かざ》した

「「「…………は?」」」 ライ、レイ、エマの三人は同時に素っ頓狂な声が漏れ、少し考えたあとに、女性の意図に気付く

「……!! や、ヤバイ!! 気を付けろ! あの女性、此方《こっち》を狙っているぞ!!」「な、なんだってぇ!?」「本当だ! よく見たら狙っている!!」「で、でも……壁が張ってあるし……」 ライが声を上げ、周りの観客が騒ぐ

 そう、その女性はライの方へ向け、魔法・魔術の何《いず》れかである四大エレメントを放とうとしていたのだ

あなたも好きかも:白猫 縛りプレイ ルーレット
 しかし一人の客が言ったように、先程透明な壁が張られたので、大丈夫だろ? 的な考えの人が多い