クリスマス・ジョーカー

クリスマス・ジョーカー

 アマミヤの塔には、考助の色々なことを行った結果で、特殊な状況になっている階層が幾つかある

あなたも好きかも:五日市 パチンコ屋
 その中でも一番特異な階層は、やはりスライム島が存在する階層だろう

 この階層は、モンスターの中ではスライムだけが生存している島があるだけで、それ以外は海という環境になっている

 ある意味で、絶海の孤島という環境だからこそ、モンスターの中では最弱と名高いスライムでも生きて行けるようになっているのだ

 勿論、そんな環境は自然に存在しているはずもなく、考助がスライムのために作ったものになる

 そして、スライムだけの繁殖に見事に成功したときには、女性陣は見事に全員が呆れたような顔になっていた

 彼女たちにしてみれば、なぜそこまでしてスライムだけの島を作るのかが分からなかったのだ

あなたも好きかも:hgss スロット 目押し
 そんなスライム島に、考助はシルヴィアとフローリアを連れてきていた

 別に特別な何かがあったわけではなく、スライムたちの様子を見に来たのだ

「元気だったか、リン」 久しぶりにスライム島に来た考助が、島の主であるリンに挨拶をすると、嬉しそうにプルプルと震えていた

あなたも好きかも:プロト スロット
 その後で、一緒に着いて来ていたスーラが、考助の懐からピョンと飛び出して、何やらお互いに震え合っていた

「・・・・・・会話でもしているのでしょうか?」「さあね? 流石にそこまでは分からないよ」 シルヴィアの疑問に、考助もお手上げとばかりに首を左右に振った

 最近では、スライムと会話ができるのではないか疑惑が出ている考助だが、流石にリンとスーラが何を話しているかまでは分からない