ブラックジャック こっぱみじん

ブラックジャック こっぱみじん

――全てが(・・・)、俺だ(・・)

俺こそが、好きだったからだ

姉代わりの女性からの愛情が、どうしても俺は欲しかった

男として、愛し返して欲しかった

だから、その背中を必死に追いかけて、学ぼうとした』 はっきりと告白した

あなたも好きかも:バカラ ウイスキーグラス
 自分の幼少期の心を、いまだからこそ素直に認めていく

 そのときだけは学者っぽさはなくて、とても軽い口調だった

『そういや、いつか俺もネイシャを名乗れたらいいなとか思ってたなぁ

あなたも好きかも:ルパン 新台 パチンコ 2020
ただ、そこに特別な意味は一つもなくて……、普通の初恋の話だったんだ

小さい頃ってのは、そんくらいの切っ掛けで、面倒な勉強だって死ぬほど頑張れたもんだ

くははっ』 年を取って、成長して、子供の頃はわからなかったことが解き明かされていく

 だから、いつも年長者たちは後ろを歩く者たちに託しておこうと、色々なことを教えてくれたのだろうか

あなたも好きかも:武蔵新城 パチンコむさし
それは、いまになってわかるのは少し遅いけれど、いまになってわかるのが少し嬉しいこと

 ファフナーさんは僕と同じ気分のようだった

『……ああ、そうだな

いまの俺だから、わかるんだ

俺はヘルミナ・ネイシャという女性を、姉のように慕っていたとかじゃなくて、異性として好いていた

だから、俺は彼女の隣に立とうと必死だった