名護 パチンコ屋

名護 パチンコ屋

いつもなら、匂いでなんとなく中の情報を仕入れてからの侵入になってたんだけど……今回は事前情報一切無し、完全に出たとこ勝負となるわけか

うぐぅ……胃が……胃が千切れる……「……行きましょう

アギトさん、魔具の準備を

当然、出入り口は一番警戒されているでしょうから」「うん、分かった

ふー…………よし、行こう」 きゅっと口を真一文字に結んで、ミラは僕の前をささっと速足で進んで行った

隠れる場所なんてもう無い、もし入り口を越えた先に見張りがいれば即バレる

そうなったら…………どうすんだ……? 僕が貰った魔具、マジでドン◯の防犯グッズみたいなのしか無いけど? いや、それで十分か……魔弾なんて過剰だな、確かに

で、でも……「…………冷静に考えたら、相手はライオンだよな…………ううっ、ぶるぶる」 よく考えなくても、獰猛な野生動物と対面してるようなもんじゃないか! だ、だって……あっちは僕達を…………ひぃいっ! れ、れれれ冷静になれ! 大丈夫だ、アギト

あなたも好きかも:スロット 初当たり軽い台
よく考えろ、今はお前も野生動物だ

犬だ、犬

ティーダくらいは立派な犬だ

うわぁん! 犬でライオンに勝てるかよぉ! で、でも……忠犬ティーダはエルゥさんの為なら魔獣にも立ち向かったと聞くし……「……どうやら、見張りはいないみたいですね

昨日もそうでしたが……人手不足…………いえ

あなたも好きかも:ブックメーカー ワールドカップ オッズ
そもそもとして、ここには本当に少数の特殊な人しか……」「へ…………あっ、ほっ