パチスロ せいくりっど

パチスロ せいくりっど

あなたも好きかも:スロット ニューアイムジャグラー
「全部喋るまで許さないからな」と言いながら、緑の目が細められる

「何があった? ひどい顔をしているぞ」「ルッツ……」 何を言っても受け止めてくれると思える安心感に、目の奥が熱くなってきて、ぼたぼたと涙が流れていく

みっともなく泣きながら、わたしはルッツにしがみついた

「神官長に新しい課題を出されてね、それが、難しいの

あなたも好きかも:地獄少女 パチンコ 歌
やりたくないんだけど、やらなきゃいけなくて、考えるだけで気持ち悪くて、嫌なんだよ」 わたしは孤児を引き取った時から手紙が届いて、神官長に課題を課せられるまでの話を、ぐすぐすと泣きながら語り、人を陥れて、死に向かわせることを考えたら、怖くて、神官長の毒々しい笑顔にうなされて眠れなくなった、と訴えた

 孤児より領民優先だとか、ハッセの町長を孤立させて追い落とせだとか、神官長に言われたことを話すと、部屋の中の反応は二つに分かれた

 ルッツは「お前には無理だろ、そんなの!」と憤り、ベンノとマルクは「ずいぶんと甘い対応だ」と目を丸くする

「甘い対応って何ですか!? 全然甘くないですよ! わたし、もう死にそうですよ!」 わたしが吠えると、ベンノは「落ち着け」と溜息を吐いた後、軽く肩を竦めた

「神官長が教師として付いているなら、優しい対応だと思うが、甘いのはハッセに対してだ

その町長なんて、最初の命令違反の時点で殺されて当然だし、領主が作った小神殿を攻撃した時点でハッセの住人全員が焼き払われていてもおかしくないだろう?」「……え?」 考えもしなかった言葉に、わたしは目を丸くした

あなたも好きかも:gta5 カジノ スロット
町長はともかく、ハッセの住人全員が焼き払われてもおかしくないというのが、どういうことなのかわからない

「小神殿は領主が、領主の娘のために作った白の建物だ

そこに攻撃を仕掛けるのは、領主一族に攻撃するのに等しい

領主一族に攻撃した者がどのように扱われるか、なんて考えなくてもわかるだろう?」 わたしはゴクリと唾を呑み込む

 他領の貴族だったビンデバルト伯爵は、領主の養女であるわたしに攻撃したことが最大の罪として投獄された

記憶を探って、余罪がぼろぼろと出てきたようだが、一番の決め手となったのは、領主一族への攻撃だった

 貴族が処刑されるのに、平民がその対象にならないはずがない