インターネット パチンコ 換金

インターネット パチンコ 換金

「……は? 何も?」「うん

あなたも好きかも:モダ石油 スロット値引き
贈ってないよ」「……

なんでだよ?」「なんでって訊かれても困るけど」 洋一が怪訝に問うが、優樹は笑顔を崩さない

「私が贈らなくてもどうってことないだろうし

きっと、向こうでお祝いしてもらえているだろうから」 微笑む優樹に洋一はじっとりと目を据わらせた

「まさかとは思うけど

おまえら……まだ喧嘩状態じゃないだろうな?」「喧嘩なんて、元々してないから」 ご心配なく、と言わんばかりの笑顔で告げられて、洋一は眉間にしわを寄せ、尚問い詰めようとしたが、「おっはよぉー」と加奈と一緒に華音が登校してきて、その姿に優樹は「おはよう」と振り返り挨拶をする、そこに突っ込めず口を閉じた

 ――だが、だからといってこれでおしまいにはしない

「おまえら、どうなってんだよ?」《どうって?》「だから、喧嘩してんのか?」《さあね?》「……、おまえマジでムカつくわ」 一校時目の休み時間に入ると、廊下に出ることなく早速教室の後ろの窓際で反町に電話を入れるが、彼は《ふあぁぁ》と相手にする気もなくあくびを漏らした

《もう寝たいんだけど?》「寝てる場合かよ

だから、どうなってんだよ? 連絡とかちゃんとしてるんだろ?」《さあ? オレに訊かないでアッチに訊けば?》 投げやりにも聞こえる口調に洋一は顔をしかめ、「……はあ」とため息を吐いて項垂れた

「……マジで喧嘩してんのおまえら? あれからずっと?」《喧嘩なんてしてないよ》「してンだろーがぁー」《してないしてない》「……いいのかよマジで」 冗談交じりの返事に呆れながら、洋一は足下を真顔で見つめて深く息を吐き出した

あなたも好きかも:スリーツー パチンコ
「このままにしてたら終わっちまうぞ? いいのかよ?」《だったら仕方ないんじゃない?》「……、はっ?」《それなら仕方ないじゃん》 肩をすくめているようなあっさりとした返事に、洋一は怪訝に眉を寄せて耳を傾けた

あなたも好きかも:ポケモン ルビー スロット
「……あいつが他のヤツ好きになってもいいってことか?」《仕方ないしね》「……