札幌 万代 スロット

札幌 万代 スロット

 それは、ラングゲレイグが一変したことに気がついたからだった

あなたも好きかも:蒼穹のファフナー スロット ハズレ目
「私の……領主権限が回収されております」「何時からだ?」「わかりません

先ほどまでは確かにこの身へ宿っていたのに……」 ラングゲレイグの告白に、フェッカトールも先ほどまでとはうってかわって緊張した面持ちになった

 領主権限の回収

それは本来、王都で儀式と共に行われるものだった

例外は、領主が反逆した場合、ただそれだけのはずだった

 ――領主権限が回収されているということは、何らかの理由で反逆が疑われたということになる

あなたも好きかも:キー コナ パチンコ
 フェッカトールは考える

あなたも好きかも:パチスロ 神 回
 そして彼の脳裏には、先ほどのリーダとの会話が思い起こされた

「そんなはずはない」 すぐにフェッカトールは、自分に言い聞かせるように呟いた

 追い討ちをかけるように、門番からの報告が入る

「黒騎士がこちらに?」 駆け込んできた役人からラングゲレイグは報告を聞く

その報告の途中に、四人の黒騎士が執務室へとなだれ込む

「ギリア領主ラングゲレイグ、そしてフィオロインの2名を残し他の者は下がれ」 黒騎士の1人が部屋に入るなり部屋の者に命令する

 先ほど執務室に駆け込み黒騎士の訪問を伝えた役人は、慌てた様子で前のめりになって部屋から出て行った

「私の正体がばれている……」 フェッカトールことフィオロインは確信した

彼の鼓動が早くなる

一部の者を除いて彼は自分の正体を隠していた