パチスロ 南国 物語 解析

パチスロ 南国 物語 解析

 僕とローウェンは苦々しく笑いあい、友情を確かめ合う

 少しずつだが、ローウェンの人となりがわかってきた

 誠実で大人びているものの、どこか子供っぽい性格をしている

リーパーには厳しい物言いをするが、その根っこには確かな優しさが張っている

信頼に値する人だ

 ――信頼に値する、『人』

あなたも好きかも:パチンコ 新卒 2ch
 ローウェンを守護者(ガーディアン)として――モンスターとして見ることは、もう難しいだろう

あなたも好きかも:パチンコ 開発者 無能
それを笑い合いながら、僕は再確認する

 しかし、問題ないはずだ

 ローウェンとは『舞闘大会』で試合をするものの、殺し合いはしない

 人間同士の関係のまま、ローウェンの望みを叶えて、成仏してもらう

 それを行うのに、ローウェンをモンスターとして見る必要はない

 ゆえに、僕は何の気負いもなく笑う

 問題ない

 問題ないはずだが……

 なぜか、心の底の不安を拭いきれなかった……