川崎 駅 パチンコ 優良 店

川崎 駅 パチンコ 優良 店

 まだ12歳くらいの幼い少女だというのに、まるで眠る我が子を見守る母親のように見えてしまう

「先ほどは申し訳ありませんでした

あなたも好きかも:空戦 オンラインゲーム
長い間魔力を食べていなかったので、お腹が空いていたのです

吸い過ぎてしまいました」 気を失っているタクヤに向かってそう言った彼女は、私の目の前で再びタクヤの唇を奪った

彼の頭の後ろに真っ白な手を回しながら抱き締め、自分の小さな唇を彼の唇に押し付ける

 また彼から魔力を吸い上げるつもりなのかしら? でも、タクヤはもう気絶してしまうほど魔力を吸い上げられてしまったから、もう吸収できる魔力の量はかなり減っている筈よ

 魔力を吸収するためではなくキスを楽しむように唇を奪い続けた彼女は、頬を少しだけ赤くしながらゆっくりと唇を離し、伸ばしていた小さな舌を戻していく

 よく見ると、彼女の下には小さな魔法陣のような模様が刻まれていた

「少し、魔力をお返ししました

………起きてください」「う………」「タクヤ!?」 キスを終えて再び無表情に戻った幼い少女が、自分の小さな膝の上に乗せたタクヤの頭を優しく叩く

あなたも好きかも:ゲーム機 自作
すると目を瞑って気を失っていたタクヤの瞼がぴくりと動き、幼い少女の膝の上で彼は呻き声を上げながら目を覚ました

「あれ………? なんで幼女に膝枕されてるんだ………?」「タクヤ、大丈夫!?」「あ、ああ

あなたも好きかも:sim スロット ノート パソコン
………確か、この子にキスされたんだっけ?」 ゆっくりと身体を起こしながら頭を掻くタクヤ

もしあの光景をラウラが見ていたら、きっとスナイパーライフルで2人とも頭を撃ち抜かれていたでしょうね