宇宙戦艦ヤマト2199 スロット 終了画面

宇宙戦艦ヤマト2199 スロット 終了画面

 ―――――――やっぱり、酒を買って来なかったのは正解だった

「おい、クソガキ」 メールの中身を確認してからポケットに突っ込むと同時に、ソファの上に横になりながらテレビを見ていたクソ親父がこっちを睨みつけながら低い声で言った

どうせ酒を買って来なかったことを咎めるつもりなんだろうな、と思いながらそっちを無表情のまま見つめる

「てめえ、酒はどうした?」「買ってきてない」「あぁ? …………買って来いって言っただろうが」「うん」「じゃあ何で買って来なかったんだぁ!? あぁ!?」 怒鳴られるのには慣れてしまった

小さい頃は母さんの陰に隠れてたけど、そうすれば母さんまで巻き込んでしまうし、最悪の場合は俺の代わりに母さんが殴られてしまうから、すぐに母さんの陰に隠れるのは止めてしまった

 小さい頃から何度も怒鳴られているからなのか、全然怖いとは思わない

もう震えなくなっちまったな、と思いつつ、ソファの上に横になりながら偉そうにこっちを睨みつけている無能を見つめる

 こいつは俺がこの家からいなくなったらどうするつもりなのだろうか

 ちょっとだけ気になるけれど、もう気にする必要はないだろう

「はっ、やっぱりクソ女にそっくりだな………

あなたも好きかも:偽物語 スロット よつぎループ
使えねえガキだ

あなたも好きかも:pc オンラインゲーム まったり
黙って金稼いで、酒を買ってくればいいんだよ、クソが」「…………」 ちらりとキッチンの中に用意してある包丁を見る

 俺が小さい頃から母さんが使っていた包丁だ

あなたも好きかも:ぱちんこ リング 曲
小さい頃、あの親父を殺してやろうかと思ってちらりとその包丁を見た時、母さんは止めなさいと言わんばかりに首を横に振っていた

 あの時の包丁が、すぐ近くに置いてある

 母が美味しい料理を作ってくれた包丁が、近くにある

 けれども、もう母さんの料理を食べることはできない