戸田 やすだ スロット

戸田 やすだ スロット

 ただ単に、言っていない事実があるだけである

「ただ運が良い、というだけで会えるモンスターではないと思うのだがの?」「そうなのですか?」「少なくとも儂はそう聞いておる」 逆に質問して来た考助に、王もまたさらりと答えて来た

 ここまでの会話はあくまでも前哨戦のような物

 王の言葉の端々にそうしたニュアンスを感じながら、考助はただひたすらに普通の冒険者であるような回答をしていくのであった

あなたも好きかも:万代 パチンコ店
王との謁見です

あなたも好きかも:牙狼 新作 パチンコ 時速
本格的に始まるのは次話になります

次は輸送中の襲撃について触れることになります

国王との面会が続いているが、本来であれば商隊のリーダーだったレネーが、代表して国王とのやり取りをするべきなのだが、既に考助が代表のような形になっている

 レネー自身が、考助にお任せする様子を見せている上に、国王も考助を相手に話を進めているためだ

 特に考助もそれに対してどうこう言うつもりはない

「まあ、討伐の件は良いとして、本題は輸送の最中に起こったことについてだ」 国王がそう言った瞬間、傍に控えていた者達の何人かが反応したのが分かった

 どういう立場で反応したのかは分からないが、ミツキにははっきりわかったようで、心話で教えてくれた

あなたも好きかも:パチンコ 依存 症 克服
 ただ、考助はそれには気づかなかったふりをして、首を傾げた

「何かございましたか?」「・・・・・・ふむ

あれだけのことが起こって、そんなことを言うのか?」「我々冒険者というのは、過程よりも結果が求められる仕事だと理解しております」 さらりと答えた考助に、エルネスト国王はわずかに口元の両端を上げた

 考助の言葉は、途中で起こったことなどどうでもいいと言っているのに等しい