春日井 スロット

春日井 スロット

それから、同行するつもりのコルネリウスには悪いのですけれど、護衛騎士はダームエルとアンゲリカだけです

あなたも好きかも:コイ・プリンセス
コルネリウスも残ってくださいませ」「ローゼマイン様、何故成人した私が護衛任務から外されるのでしょう?」 コルネリウス兄様が不愉快そうに顔をしかめた

あなたも好きかも:新高島平 パチンコ イベント
そんな顔をされてもダメなものはダメだ

「平民の冬の館に貴族を受け入れられる部屋が少ないと言ったではありませんか

それが最大の理由です」 本来の青色神官はぞろぞろと護衛騎士を連れて儀式に向かわないのだ

冬の館には青色神官が使うための部屋が大抵は三つほど確保されているが、貴族の護衛騎士が何人も付いてくることは想定されていないので、あまり増えられると困る

 青色神官向きの部屋がなければ、側仕え用の部屋でも寝られるダームエルと違って、コルネリウス兄様は生粋の上級貴族だ

騎士なので、一通り自分の身の回りのことはできるけれど、長期になるので自分の側仕えも連れて行っても良いか、と尋ねてくるようなお坊ちゃまなのである

あなたも好きかも:金ホイール
平民に揉まれる直轄地の護衛騎士には向かない

「それに、ライゼガングへの護衛はコルネリウス兄様、レオノーレ、アンゲリカにお願いすると決まっているではありませんか

直轄地はダームエル、ライゼガングはコルネリウスで何か問題がありますか?」 ライゼガングは祈念式だけではなく、印刷の仕事も兼ねているのでライゼガングの夏の館に泊まることになる

上級貴族の夏の館ならば、ダームエルよりも血族であるコルネリウス兄様の方が適任だ

側仕えを連れるのは当然で、受け入れ場所も豊富で、文句など言われないだろう

「かしこまりました」 こんなやり取りを経て、何とかいつも通りに祈念式へ出発することができたのだ

例年通りハッセに寄って、町長であるリヒトから問題なく小神殿と町がお付き合いできていることを確認した

そして、小神殿で宿泊し、小神殿の灰色神官達からの報告を聞き、孤児院と少しずつ人員を入れ替える

こうして、次の年に印刷する原稿を渡すのだ

「プランタン商会から紙やインクも問題なく届いています

小神殿では冬に何をしているのかという話になった時に印刷の話をしたところ、男達の冬の手仕事として印刷を手伝うことができないか、とハッセの町民から申し出がございました」「わかりました