あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない スロット 天井期待値

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない スロット 天井期待値

そして猛烈な速さで、アンプのツマミを調整してセイは指引きで、荒々しくギターをかき鳴らし始め子供たちの演奏に合わせ始めた

「セイちゃん、やっぱりすごいなぁ……」ようやく笑い終えたらしいタガグロが俺の背後の使われていない小さめのアンプの上に座って暢気に言ってくる

確かに凄い

ここまで弾けたとはにゃむるすのギターのショウランも凄かったがそれに並ぶくらいじゃないのか

あなたも好きかも:パチスロ コンチネンタル 中古
自由にかき鳴らしているようで、きちんと子供たちの音にも溶け込んで、さらに包み込んでいる

あなたも好きかも:魔神英雄伝ワタル パチンコ 設置店
ナーニャはニコニコと必死にギターを弾いているセイを見つめてすぅーっと息を吸い込むと「はぁー!わっしょい!わっしょいわっしょいわー はわああぁぁ……ふぃん……あぁ……ふぃわはぁーほっへ……」掛け声から急遽、吐息なのか、ため息なのかよくわからない声へと変化したフレーズを肩の力を抜いて両眼を瞑って、マイクに吹き込んだ

その瞬間にセイの頭の角が消えて、その場に派手な音を立てて倒れ込む

ナーニャは集中しているのかそれに気づかずに目を瞑ったまま「ファイアーいやーそれそれそれそれ! みんなのちからがーわたしにーあつまるーいやーあつまったー」完全に、バンドの演奏を無視したリズム感と音程で熱く歌い上げて、セイは機材の上に倒れ込んだまま完全に動かなくなった

タガグロはアンプから転げ落ちそうなほど腹を抱えて笑っている

俺はとにかく感情を動かさないように努めて平静を装う

あなたも好きかも:岡山 スロット専門店
俺までも笑ってしまうときっとナーニャは深いトラウマを抱えることになるだろう

ナーニャからマイクを借りて「えーと、ごめん

一回セイとナーニャ連れ出すから 練習を続けててな」楽器を持った子供たちは三人とも憔悴した顔で頷いた

大丈夫かなと心配しながら、セイを背負ってナーニャの手を引いて、まだ含み笑いしているタガグロと共に防音室から出ていく

出るなりすぐにタガグロがナーニャの身体を両手で軽く叩いて「あんた凄いよ!もう兵器やんか! あ、そうか、たっくんの霊声を継いだからかなぁ……ふっくくくく」などとまた腹を抱えて笑い出した

俺はダメだ

俺は娘のために決して平静さを崩してはならない

ナーニャは少し不安げな顔で俺を見てくる