結城 スロット グランドセピア

結城 スロット グランドセピア

「悪いな、スズカゼは俺の大事な召喚獣なんだ

殺さないでやってくれ」 突然現れて、素手で私の一撃を受け止めた黒目黒髪の青年

「……お前、まさか異世界人か?」「ああ、俺はカケル

異世界から来た男だ」(あーびっくりした、転移したらいきなり攻撃されたからな

俺じゃなかったら、確実に消し炭になってたぜ)「……お前、まさか異世界人か?」「ああ、俺はカケル

あなたも好きかも:昼間 サラリーマン パチンコ
異世界から来た男だ」 あれ、この人って……マジかよ! 鑑定して驚いた

だって――――「ほう……本物のようだな

あなたも好きかも:西田 麻衣 パチンコ
よし、お主、私を思い切り殴れ!」「へ? な、何を言って――――」「いいから早くしろ!」「本当に良いんですか? どうなっても知りませんよ?」「構わん、早く、さあ早く!」 仕方ないので適当に殴るか

さすがに顔は避けないと不味いけど

あなたも好きかも:世界名作劇場 パチンコ リーチ
 ダメだ、ドキドキが止まらない

 黒目黒髪の青年、夢にまで見た本物の異世界人だ

しかも私の渾身の一撃を素手で受け止めてしまった

 ああ……あの屈強な拳で殴られてみたい

 きっと全身が壊れるような衝撃を得られるに違いない

想像しただけでたまらない

 だから、思い切っておねだりしてしまった!「ほう……本物のようだな

よし、お主、私を思い切り殴れ!」 もう我慢出来ない……「へ? な、何を言って――――」「いいから早くしろ!」 お願い早く!「本当に良いんですか? どうなっても知りませんよ?」「構わん、早く、さあ早く!」 来て! 思い切りその拳で!「ぐふぅ!?」 き、来た〜! 全身に落雷を受けたような衝撃が走る

 か、かはっ、き、気持ちいい〜!「お、お願い、もう1回だけ……」「え、えぇ……!?」 結局、3回も殴ってもらっちゃった!「あ、あの、ユスティティア様、大丈夫ですか?」「だ、大丈夫ではないが、満足だ……悔いは無い」 「全く……はい、これ飲んで下さい