ネバーランド ぱちんこ

ネバーランド ぱちんこ

「いまみたいな雑用が坊主の仕事じゃ

あなたも好きかも:呪怨 スロット 5号機 やめどき
それじゃあ、始めるか――」 本格的に鍛冶(しごと)が始まる

 以前、アリバーズさんの手助けをしたときを思い出しつつ、僕は動く

あなたも好きかも:パチスロ ラスター
次元魔法の補助はないが、以前よりも目端が利くようになっているつもりだ

あなたも好きかも:パチスロ 仮面ライダー 甘い
レイナンドさんの思考を読み、鍛冶場全体の流れを感じ、必要なものを工房から探す

 まず、途中で交換するであろう大きさ(サイズ)違いの金槌や熱した鉄を掴むための鋏(やっとこ)などを、レイナンドさんの手の届く距離に置いた

 それを見たレイナンドさんは、また鼻を鳴らす

 その癖は喜んでいるのか呆れているのかよくわからないので、少し怖い

少しはわかっているようだな」 褒めてもらった……と思う

「僕にできるのは手助けする分くらいですが……」「そこまでわかっているなら容赦はせん

――やるぞ」 レイナンドさんは老体に見合わない力強い動きで、鍛冶を開始する

 いまの僕はMP回復とお金貯めをするのが一番の目的だが、手を抜くつもりはさらさらない

先に考えたとおり、ここで少しでもスキルを磨いていくつもりだ

 ゆえに、レイナンドさんの技を一切見落とすまいと、その動きを目で追い続ける