スロット ガルパン やめどき

スロット ガルパン やめどき

どうせ暇だから」 長い髪の男は眺めていた剣を置き、髪を掻き上げながら、こちらに近づいてくる

その素顔が露になり、古傷の多さに僕は驚く

 片目が潰れ、両耳が削げ落ちている

あなたも好きかも:bc スロット
大量の火傷跡が顔面に残ってあり、見ているだけで痛々しい

「よ、よろしくお願いしますね……」「あら、驚かせちゃったか

あなたも好きかも:平和 スロット 6号機
初めての人が見たら無理も――って、うちのマスターじゃないか

こんな汚いところまでわざわざ来なくても、呼ばれたら行くよ?」「いや、用があるのは僕だから出向くのは当然ですよ

それにマスターとして頼みに来たわけじゃありません

カナミという個人として頼みに来ました

えーっと……、アリバーズさん?」「アリバーズ・リヴァース

よく覚えてたね

あの総当たり戦のとき、挑戦してないのに」「みなさんの名前は必死で覚えました……」 僕とアリバーズさんは握手をしながら自己紹介を行い合う

あなたも好きかも:熊本市 植木 パチンコ
 そして、僕は軽くアリバーズさんのステータスを確認する