スロット 北斗のけん

スロット 北斗のけん

優樹に拾ってもらえたのがすごく嬉しい」 微笑む反町に、優樹は「……へへ」と照れ臭そうに笑って生徒手帳を胸に抱いた

「……うん

……持ってる」「そうやって、コレクションが増えていくわけですね?」 勝則に笑われ、優樹は顔を赤くすると、ソワソワしながら手帳を鞄に押し入れた

 相川は鞄から生徒手帳を取り出し、ポイッ、と、わざと優樹の傍に投げ落とした

あなたも好きかも:ヘブンズドア スロット344
それを、グリッと洋一に踏みつけられ、「やめろドクダミ!!」と大きく叫ぶ

――その時、反町が乗る飛行機の搭乗案内アナウンスが流れ、みんなは顔を上げた

あなたも好きかも:パチンコ 有楽町
 反町は耳を澄まし、同じように顔を上げている優樹にそっと目を向けると、同じように目を見合わせた彼女に微笑んだ

「……じゃ、……行って来る」 優樹は目を見開いて表情を消し、寂しげな笑みを浮かべる反町を見つめた

 ――頭の中が真っ白になって、何も言葉が出ない

 オロオロと目が泳ぎ出す中、みんなは更に近寄って反町を囲む

あなたも好きかも:スロット ハイエナ 拾えない
「がんばって勉強してこいよ」「しっかりねっ」「馬鹿にされないようにねー」「寂しくなったらいつでも帰ってきてください」「連絡してこいよ」 惜しむように次々と声を掛ける、みんなの言葉を耳の奥に留めることなく、優樹はそれに笑顔で応える反町を見つめ続けた

 ……泣かない

……泣いちゃ駄目

……泣いちゃ……、……