スロット換金率

スロット換金率

 前世の世界ではお菓子は簡単に購入できたが、この世界では砂糖がそう簡単に手に入らないため、甘いお菓子は殆ど高級品なのである

貴族が独占している状態なので、庶民の子供たちがお菓子を口にする機会は前世の世界よりもはるかに少ないというわけだ

 でもネイリンゲンの露店では、お菓子をかなり値下げして販売しているので、よく子供たちのためにお菓子を購入していく親が並んでいる光景を目にする

あなたも好きかも:新潟駅前 パチンコ ニューヒノマル
「ほら、ナタリア

どれがいい?」「ええと…………あっ、チョコレートがいい!」 幼い金髪の少女が、ニコニコ笑いながらチョコレートを手に取る

母親と思われる金髪の女性が財布の中から銀貨を8枚くらい取り出して店主に渡すと、大喜びする少女と手をつなぎながら通りへと向かって歩いて行った

 平和だなぁ………

あなたも好きかも:ミルクレープ パチスロ
 その通りを真っ直ぐ進んでいると、やがて喫茶店の看板が見えてきた

 ネイリンゲンは田舎の街だが、傭兵ギルドの事務所がやけに多い

そのため”傭兵の街”と言われることも多いんだが、至る所に傭兵ギルドの宣伝のポスターや看板が並ぶ通りの中に1つだけ喫茶店の看板が設置されていると、他の傭兵ギルドの看板よりも目立ってしまう

 俺が寄り道することにしているのは、ここだ

 仕留めた魔物の頭骨やでっかい剣の形をした看板が立てかけられた物騒な建物が連なる中に、一軒だけやけにお洒落な建物が鎮座している

橙色の木製のドアには『本日休業』と書かれているが、俺はお構いなしに入り口のドアを開けた

 カラン、とベルが綺麗な音を奏でて客がやってきたことを店主に告げる

カウンターの向こうでティーカップを洗っていた金髪の青年は顔を上げると、俺の顔を見てニヤリと笑った