阿久根 ぱちんこ

阿久根 ぱちんこ

放っておけば死んでいたという小百合の言葉を信じるのならかなり危険な状態にあったことになる

あの人に師事して本当に大丈夫だろうかと一抹の不安がよぎるが、とりあえずスタートラインには立ったのだと康太は小さく息をついて宿題とやらを片付けることにした

とりあえず買ってきたプラモの箱を開けてみる

プラモデルを作るなんて一体何年ぶりだろうか

小学生の頃に何体か作った覚えがあるが、それ以降は全く作っていない

あなたも好きかも:グラブル カジノ 勝ち方
しかもあの時に作ったプラモは今どうしているだろうか

あなたも好きかも:ポケモン プラチナ スロット ピッピ
部屋を見渡してもそれらしいものはない

捨ててしまったのだろうかと昔の自分の行動に疑問を持ちながら康太はニッパーを手にプラモを作っていく作業を開始した

やすりに紙やすり、ニッパー等々それぞれプラモに必要なものを引っ張り出して黙々と作り上げていく

接着剤は使うなというのが師匠である小百合からの注文だった

あなたも好きかも:パチンコ 人口 減少
一体これにどれほどの意味があるのだろうかと思いながら康太は着々とプラモデルを完成させていく

部品を外し、取り付けられていた部分の破片を切り落としてやすり、紙やすりの順で削って表面を滑らかにしていく

この工程もずいぶんと久しぶりだ