ホットライン

ホットライン

――ま、あくまでも戦闘技術、火の気は持ってねーから、北上に合わせて、それでも突破に関しちゃ、頭一つ飛び抜けてるぜ」「へー、どんくらい」「ランクDってところだ」「おー、すごいすごい」「すごいんだ」「おいイヅナ、いつまでボケっとしてんだよ、てめーは

理解してんのに間抜けな返答しか寄越さない馬鹿と、理解できてねー癖に相槌だけ打とうとする馬鹿がここにいるんだよ

なんでオレが相手しなくちゃいけねーんだ」「え? いやあ、だからって俺が相手するのも場違いだと思うけどね

ただ、そうか、合流したのはあの二人か

あなたも好きかも:オンラインゲーム ジャンル
んー……」「なんだよ、不満があるってか?」「二人の相手をするのにはね、もちろんあるよ

あなたも好きかも:五反野 パチンコ バイト
小夜ちゃんの相手も辛いなあ

あなたも好きかも:打ち止めとは パチンコ
けど今のところ行くあてもないし」「そうじゃねーだろ」「敵わないなあ」 香草巻きを軽く差し出されたが断り、イヅナは自分の煙草に火を点ける

「つみれの行動はある程度予測してたし、把握もしてた

そのために前線――学園へのバックアップも軽くしといたわけで」「はあ? てめー、なにしたんだ」「食料の差し入れ程度だよ

ラルさんと一緒に午睡(まどろみ)ちゃんがいたからね、夢見が現場にいるのは知ってたから

どうであれ、つみれが突入して内部が壊滅してたんじゃ話にならない

これ以上の介入も俺には不可能なんだけどな」「おー、ここから先の推測はてめーが持つピースだ

イヅナ、どうよ」「つみれ自身がどう考えてるかは知らないけどね

部外者として、冷静に俯瞰しつつ父親として娘補正を入れて――」「うっわ、こいつ父さんとおんなじ人種なんだケド」「いやいや、ブルーと一緒にされてもなあ

俺のは冗談、そっちは本気

この違い大きいよ? まあともかく、ざっと二十時に突入開始として、おおよそ五木のが領域に這入って、術式の作動から安定まで、俺の予想だと成功までに八時間ってところかな」「心配はしちゃいねーよ

円が仕切るなら、あとは駒の錬度だ