mh4g ルーレット

mh4g ルーレット

おまえら程度に……」 最後まで言い終わる前に床へ倒れる男

「馬鹿はお前だろ」 前蹴りを引きつつ、塩田が鼻を鳴らす

 彼の隣には、にやついている屋神の姿もある

あなたも好きかも:パチンコ店 タッチ
「お、お前っ」「知り合いか、塩田」「見たような、見た事無いような……」 立ち上がりながら燃え盛る視線を送る男を、じっと見つめる塩田

 どうも、よく分からないらしい

「取りあえず捕まえて、放り出す?」「ああ

あなたも好きかも:スロット 保土ヶ谷
三島、お前もやれ」「分かった」 いつの間にか男達の背後に回っていた三島は、彼等の腕を取って歩き出した

 関節と指を極められているらしく、呻き声は上がっても身動きはとれていない

「そっちは、塩田だ」「屋神さんは、何するんだよ」「俺は指示を出す」「またそんな事言って」 笑いつつ、床に倒れている男に指錠をする塩田

 男は多少の抵抗を見せたが、屋神に顎を蹴られ気を失った

「あんた、何すんの」「手伝いだよ、手伝い

おい、大丈夫か」「は、はい

済みませんでした」 草薙高校の制服を身に付けた大人しそうな女の子は、恐縮気味に頭を下げた

 その間に屋神は木彫りの人形を全て拾い終え、棚へと並べ直している

す、済みません」「気にするな

何かあったら、その辺のガーディアン呼べよ」「は、はい」「じゃ、頑張れ」 ワイルドな笑みを浮かべ、その場を立ち去る屋神

 後ろに三島と塩田と悪党を従えて

 そんな姿がよく似合う男であった

「さすが屋神さん