パチンコ 決算月

パチンコ 決算月

『ザシュッ!』「うああああああ…!?」『ズバッ!!』「くそぉっ…!!!」『ザンッ!!!』「があっ!!!」ひと振りごとに倒れていく兵士達

抵抗する暇さえなく倒れていく警備兵達の返り血を浴びながらも私は突撃を続けます

「共和国の為に兵器を破壊します!!」全力で叫び

あなたも好きかも:パチンコ 優良店 東京
突撃を続ける私の手の聖剣が次々と犠牲者を増やしていきました

その成果として

20名いた警備兵達は、ものの数秒で半数にまで減ったようです

「バケモノめっ!!!」必死の抵抗を試みる警備兵達ですが、私も数々の死線を乗り越えてきた密偵ですからね

あなたも好きかも:多摩 センター スロット
敵に囲まれた程度で怯むつもりはありません

「共和国の滅亡を望み、兵器を用いるあなた達のほうがよっぽどバケモノじみていますよ!」人と人による戦いではなくて、一方的な虐殺を企んだ時点でそれはもう悪魔の所業です

「もはや人にあらざる存在に何を言われようと気にもなりません!」「くそっ!たった一人が止められんとはっ!!」私の鬼気迫る勢いに押されたのか、警備兵達は確実にその数を減らしています

「ちっ!誰か応援を呼んで来い!!!」指揮官らしき男が指示を出した瞬間に

一人の兵士が私の側面を通り抜けて戦場を離脱しようとしていました

本来ならここで切り伏せるか足止めするべきなのでしょうが、今回に限って言えば無理に引きとめようとは思いません

「援軍を呼ぶつもりですか?」静かに呟きます

そして兵士にそっと囁きます

「どうぞ、御自由に…」「!?」私の言葉に戸惑いながらも、兵士は逃げ出すように通路を駆けて行きました

これで私の侵入は各方面に告げられて多くの援軍が駆けつけてくるでしょう