5号機 設置期限

5号機 設置期限

わたしはくるりと皆を見回す

あなたも好きかも:zガンダム パチンコ 確変
神殿の守りを任されていたはずの騎士達はよほど急かされたのか、まだ息が整っていないように見える

「あの、ローゼマイン様

ハルトムートから緊急の用と伺いましたが……」「本当に緊急で唐突なのですが、今夜、アーレンスバッハの礎を盗りに行きます」「……はい?」 午前と午後でかなり状況が変わってしまったのだ

これはわたしにも予測できなかったことだから仕方がないと思う

会議に出ていなかったため全く現状を知らない側近達に、フェルディナンドの現状、エーレンフェストへの侵攻の可能性、アーレンスバッハへ向かうこと、ダンケルフェルガーの助力があること、ユストクス達が合流することなどをざっと説明した

あなたも好きかも:サイファ ヴェルナンデス パチスロ
 緊急事態ということが嫌でも伝わるのだろう

あなたも好きかも:スロット エナ専
皆の顔が緊張に強張っていくのがわかる

わたしはそんな皆に指示を出し始めた

出発まで本当に時間がない

「まず、側仕えの配置ですが……

リーゼレータとグレーティアは図書館へ移動、城に残るのはオティーリエとベルティルデの二人です

オティーリエ達は最初にわたくしの騎獣用の衣装や靴、この部屋にある魔石や魔術具等を準備してください

それから、この後は図書館で夕食や仮眠をとる予定なので専属料理人を移動させる手配もお願いします」「ローゼマイン様、何人が図書館で夕食を摂るのでしょう? 食料品に関しても手配が必要だと思われますが?」 オティーリエの言葉にわたしが側近達を見回して数え始めると、リーゼレータがそれを制した

「オティーリエ、城の分をできるだけ移動させてくださいませ