パチンコ 予告

パチンコ 予告

 彼女への侮辱は、我々セイバーンに対する侮辱だということを、どうかご理解いただきたい」 淡々と説明した俺に、使者の方は今一度、首肯した

 その上で、サヤに向き直り、改めて頭を下げる

「大変失礼を致しました

なんとお詫び申し上げて良いものか……」「いえ

ご理解いただけたならば、私はそれで構いませんから……

 私は、これからも従者という職務を続けていくつもりでおりますので、それさえ承知していただけるなら……」「無論

オゼロはこのことに関して、否やはございません」 即座に許したサヤに、使者の方はホッとしたようだ

ここでまたごねられたらと心配していたのかもしれない

 俺としても、これで目的は達することができたので、この件はこれで一応、決着がついたことにした

「それでは、日程調整を進めさせていただいても宜しいでしょうか?」「ええ、構いません」 オゼロがサヤを、セイバーンの従者であると認めた

あなたも好きかも:オンラインゲーム クライアントとは
 俺がサヤをオゼロとの交渉の席に同行させても、彼らは今後、それを拒めないし、公爵家のオゼロが女性従者を従者と認めているということが、オゼロ傘下の家には、大きく広まることになる

あなたも好きかも:x-pro2 スロット
 これで公爵四家のうち、三家がサヤを受け入れたことになった

 サヤを貴族社会に引き入れるためには、こういった足場作りが必要であったし、なによりサヤを狙う何者かが、彼女に手出ししにくいように、情報操作を行う目的があった

 今回のことを想定していたわけではなかったけれど、上手く利用できて良かった

 内心ではそう思いながらも、表情には出さない

貴族の駆け引きを知らないサヤには、ちょっと申し訳ない感じで、振り回すことになってしまったけれど、こういった細々したことが、後ろ盾となる血を持たない彼女には必要だった

 ◆ サヤの足場を固める必要がある

 俺のその考えを、マルは即座に理解してくれた