スロット 設定判別 方法

スロット 設定判別 方法

「教育環境向上計画とは何だ? そのような計画は聞いていないぞ」「本を読める人が増えなければ、本を書ける人も増えないでしょう? 領地内の識字率を上げるための壮大な計画です

まだ細かくは決まっていませんけれど」 いくつか考えていることはあるけれど、印刷業の拡大がある程度軌道に乗ってからの話になる

 神官長は口元を拭いながら、わたしをじろりと睨んだ

「神殿に戻ったら計画書を提出するように」「え? でも、先ほど言ったように、まだ細かくは決まっていな……」「細かく決める前に、勢いで突進するのが君だ

あなたも好きかも:パチンコ 換金 バイト 大阪
大まかでも、いずれこうしたいという希望でもいいので、その計画について報告しなさい」 反論できず、わたしは「はい」と小さく返事する

全面的に賛同するように頷いているダームエルとフランを、じとっと睨みながら

「……それにしても、予想以上に厄介そうだな

あなたも好きかも:パチンコ つまらない 台
どうするつもりだ、ローゼマイン?」 溜息交じりの神官長の言葉にわたしは目を瞬いた

「何が、ですか?」「自分に権力があると思い込んでいる、あの小物のことだ

あれは逆恨みが得意で、執念深くて面倒だろう」 神官長の言葉を聞いて、わたしは、あぁ、と納得の息を漏らした

「……前神殿長と似たような感じですよね

女の子を売ってお金にしているところも、後ろ盾を自分自身の権力と勘違いしているところも、小さな世界で頂点に立ってやりたい放題なところも、よく似ていると思いました」 クッと小さく神官長が笑って、「確かに」と頷いた

「後ろ盾の権力の規模は全く違うが、小物振りはよく似ている」「神殿長と違って後ろ盾が不明だから、逆に影響力がよくわからないんですよ

どこまで排除すれば影響力がなくなるのか、排除した後に町がどう変わるのか……

小神殿にとって良いように変わればいいのですけれど」 神殿長の権力は基本的に神殿に限定されていた

貴族街へ行く機会もそれほど多くはなく、下町と交流するのは矜持が許さなかったので、影響力はかなり限定的だった

排除しても穴埋めができる神官長がいたので、問題はなかった

 けれど、今回は徴税と祈念式以外で表立って貴族が立ち入ることがなかった平民の町の町長が相手だ

排除するのは身分差を理由にすれば、どうにでもなるけれど、排除した後に町がどうなるのか、わからない