操ボーナス パチンコ

操ボーナス パチンコ

管理層のくつろぎスペースにあるソファに寝転がっていた考助は、絨毯の上に座り込んでスーラをつついているココロを見ながら言った

「ココロはそろそろイイ人は見つけたのかな?」「ふあっ!?」 唐突すぎるその言葉に、ココロは思いっきりスーラを突き刺しそうになった

 危うくココロの指で串刺しになりそうになったスーラは、慌てて防御を固めていたりするが、それに気づいた者はいなかった

 なんとかスーラを串刺しせずに済んだココロは、僅かに頬を赤くして考助を睨む

「な、何なのですか、突然?」「いや、特に意味はないけれどね

せっかくの機会だから聞いてみようかと」 百合之神宮の運営で忙しくしているココロは、中々管理層でのんびりしていることが少ない

あなたも好きかも:ルーレット・ホイール・iqキューブ
 折角の機会なので、思いついたままのことを聞いてみようと思っただけだ

 なにか深い意味があったわけではない

あなたも好きかも:グラブル カジノ 景品 優先
 考助の表情から、ココロは本当に大した意味がある質問ではなかったのかと判断して、「そうですか

あなたも好きかも:熊本 パチンコ ユートピア
でしたら特に答える必要はなさそうですね」「あら

そう答えるのか

うーん・・・・・・

どう思う、シルヴィア?」「えっ!?」 考助が、寝そべっていたソファから身を起こしてなぜか裏側を覗くと、ひょいとシルヴィアがその陰から立ち上がってきた

 そんなところにシルヴィアがいるとは考えてもいなかったココロが、驚いた表情になった

「お、お母様!? なぜそんなところに、隠れて?!」「最初はココロを驚かせようとしていたのですが、まったく気付く様子が無かったので、コウスケさんに協力してもらって、少しだけ注意を引いてもらったのです」 口に出すと怒られるが、考助とシルヴィアはいい加減いい年になっている

 それにもかかわらずまったくそんな風に見えないのは、このようないたずら心が無くなっていないからではないかと、ココロは一瞬どうでもいいことを考えた