麻雀ファイトクラブ2 スロット 天井

麻雀ファイトクラブ2 スロット 天井

……オレは嫌だって言ってンだけど、優樹だったら絶対に断らないってそう言い切られて

……ひょっとしたら、そういう約束でもしてたのかなって思ってたんだ」 優樹は戸惑いを露わにフルフルと首を振った

「ぜ、全然わかんない……」「そうなの? ンまぁ……いいや

断っておくし」 あっさりと肩を竦める彼に優樹は「う、ううんっ」とまた首を振った

「い、いいよっ

……や、やる

あなたも好きかも:スロット 修羅 の 国
ガーデニングする

……やったことないけど

……でも、ちょっと楽しそうだし」 目を泳がせながらも少し笑みを溢して「……うん」と自分自身に頷くと、苦笑する反町を見上げた

「おば様……、ガーデニングが好きなの?」「やることがないから暇を持て余してるんだ

あなたも好きかも:パチンコ icカード 精算
最近だよ

温室作ってもらって、そこで何か植えてる

……マリファナとか怪しい植物じゃないだろうなって、親父が警戒してるよ」 ため息混じりにガックリと肩を落とす

その姿に優樹は「ふふっ」と愉快げに笑った

「流君のトコのおば様、おもしろそうっ」「優樹のトコのおばさんに比べたら、かわいいモンだけどね」「……うちのお母さんは……、……ちょっとズレてるから」「優樹もその血を継いでるモンな」 軽く吹き出して笑われ、優樹はじっとりと目を据わらせる

 反町は少し鼻から息を吐きだした