パチンコファイト 天神橋

パチンコファイト 天神橋

確かにそれは否定しねェ……否定出来ねェが……言い方ってもんがあんだろ?」 見事に挑発に乗るスキアー

 スキアーは挑発に乗りにくく、中々乗らなかったがようやくフォンセペースにする事が出来た

「フッ……なら、どうする?」 フォンセが不敵な笑みを浮かべてスキアーへ尋ねる

あなたも好きかも:ハイスクールフリート パチンコ 評価
 そんな余裕のある表情をしたフォンセを前に、スキアーはクッと喉を鳴らして応える

あなたも好きかも:モーレツ宇宙海賊 パチンコ 297
「決まってんだろ?」 ──次の刹那、近くの建物が……『切断された』

「……ほう?」 ハラハラと髪の毛が少し切れて落ち、髪が揺れたフォンセは横目で切断された建物を一瞥する

「……どうやったんだ? ただの剣で建物が切断できるか……?」 レイの剣ならばまだしも、スキアーが使う剣は対魔族に特化した物

 幾らスキアーの力が強くとも、巨大建造物を切断できるとは限らないだろう

あなたも好きかも:都内 スロット 換金率
 スキアーはクッと笑ってフォンセに返す

「ああ……まあ、そんな事もあるって事だよ

斬撃の範囲が広いのは武器を中心に使うやつでそれなりの実力者なら大抵出来るだろ?」 その瞬間、スキアーは懐に手を忍ばせ、隠し持っていたていた新たな銃を取り出してフォンセに放つ

「そうか」 そして、フォンセは一言だけ言い、その銃弾を横に避けた

「チッ、不意討ちで返そうとしたが……まあ避けるか

当然だな」 懐から銃を取り出したスキアーは銃をクルクルと回し、苦笑を浮かべる

「まあ、当たり前だな

懐からの不意討ちは想定内だ

お前は、『精々その程度の攻撃』しか出来ないからな?」「……あ?」 ピクリと眉を動かして反応するスキアーは、高らかに笑い声を上げてフォンセに返す

「そうか! よーく分かったぜ! どうやらテメェは挑発が好きらしい……なら、それに乗ってやろうじゃねェか!!」 フォンセの挑発に完全に乗ったスキアーは何処から取り出したのか、両手に銃と剣を構えてフォンセに放つ

「ふふ……ようやく私の挑発に乗ってくれるのか……お前は達観していて扱いにくいタイプだったからな……さあ、此処からが勝負どころだ……!」 武器を構えるスキアーに対し、魔術を纏うフォンセ