アラジン パチスロ 初代

アラジン パチスロ 初代

今回は相手に制限をかけることでこちらも秘密を打ち明ける、そういう形なんだ

だからここまで来ているわけで」「……なるほど

あなたも好きかも:未来日記 スロット 設置店
呪いによりできることもできなくする、だから教えても構わないということですね

なぜここに連れてきたのか疑問に思っていたのですがそういう理由でしたか」 カシスはあっさり理解した

自分の力によって制限をかける、呪いにより自分たちのことを含めた知られてはまずいこと、流出しては危ない情報を封じることを

それによって得心が言ったような表情になった

「……彼らは納得しているのですか?」「強くなるために、ということでな」「冒険者ですね

いつの時代も変わりないということでしょうか」 忘れてはいけない

あなたも好きかも:西条市 パチンコ
カシスはとても古い時代の存在

その時代にも冒険者は存在し、彼女はその存在について知っていた……まあ、どこまで知っていたかは不明だが、話くらいは聞いていてもおかしくはない

いったいいつから冒険者がいたのか、この世界の冒険者事情は結構不思議である

あなたも好きかも:北斗の拳 転生 パチスロ
「終わりましたよ」「え? もう?」「何か変わったようには見えないけど……」「もっとおどろおどろしい物かと思ってたけど

特に何かされたようには……感じなかったかな」 カシスが三人の前に立ち、ふわっと何かをした……ようにすら見えない様子で彼らに何かをした

呪いは目に見えず、それ自体は拘束力や強制力、何らかの影響を感じるほどの異常があるものではない