データカウンター スロット アプリ

データカウンター スロット アプリ

あと、ついでによろしく言っといて」「もう少しだけ――」 話すことは全て終わったと言わんばかりに、ラスティアラは背中を見せた

 そのまま別れの挨拶を僕に告げる

「明日の夜、私(・)が来ると思うから、それまで待ってて……

ばいばい……」 それを最後にラスティアラは家から出て行った

 僕は戦ってでも止めようかと迷った

しかし、迷っているうちに、ラスティアラは足早に去り、僕は一人家の中に取り残された

「あ……」 いまのがラスティアラの最後の言葉だと思うと、僕はやりきれない気持ちに押し潰されそうになる

 そのとき、後方から扉の開く音がした

 扉の向こうにはマリアが立っていた

あなたも好きかも:筑豊 パチンコ コロナ
 僕と同じくらい暗く真剣な表情で、こちらを見ている

あなたも好きかも:西葛西 スロット 掲示板
 その様子から、マリアが今の会話を聞いていたことを悟る

あなたも好きかも:パチンコ ルート 125
「聞こえてた……?」「はい」 マリアは嘘偽りなく肯定する

 尋常でない様子で話す僕たちを見て、リビングに入りづらくなり、そのまま聞き耳を立ててしまったのだろう

「ラスティアラさんは……」「行ったよ