創世のアクエリオン パチンコ 保留

創世のアクエリオン パチンコ 保留

そして、自分の受け持ちの相手ではあるが……『っすーー

主様がーーー』 イリアドラゴンは弓花の背後で、やはりボール状のままアーマード狂い鬼とクロマルに囲まれて身動きの取れない姿で叫んでいた

もっとも夜帝の剣がすでに破壊されているためその身の黒色は徐々に落ち始めていたし、弓花は『事実』を知っているためにジト目になってイリアを睨んだ

「あーもういいですから

あなたも好きかも:ほむら スロット 中段チェリー
風音から聞いてますよ

イリアさん操られてないんですよね?」『ふぁっ!? ふーふーふー』 ギクリとしたイリアが口笛を吹こうとしたが、ドラゴンの身ではソレもままならない

また、そのやり取りに狂い鬼とクロマルが目を細めてイリアを睨みつけてさらにビクリとした

『ええとっすね

いや、あの剣の支配力を受けてたのは確かっすから、自由に動けなかったのは本当だったんすよ

マジでマジで』 三つの視線を受けたイリアドラゴンがおっかなびっくり言葉を返す

あなたも好きかも:シャトー バカラ
そしてドロンと煙を出すと丸まった東洋竜が消え、その場には元の姿に戻ったイリアが大の字で倒れていた

「はあ、体中が痛いっす

まったくやられっ放しっす

もう勘弁して欲しいっすよ

こっちも一応命賭けだったんすから」 そう言いながらイリアが肩をすくめた

「まあ、風音も確証あったわけではないですしねえ