スクールオブデッド スロット

スクールオブデッド スロット

「ん? ところでだがライト

そちらの方は?」「ああ、紹介するよ

ユーザーネーム・ソフィア

あなたも好きかも:パチンコ ガルパン 演出
縁あって共に行動しているんだ」「よ、よろしく頼む

紹介があった通りユーザーネーム・ソフィアだ

その……ライトの彼女をしている」「は!?」「えぇ!?」 唐突な言葉

それに対して俺とユメが大きく反応を示した

いや、そりゃそうだろう! 一応その件は今回は先延ばしにした筈だ! まあ、俺のような存在が断ったのは烏滸《おこ》がましいが、とにもかくにもそれについては一時的とは言え事が済んだ

あなたも好きかも:ルーレットボマー
「「「な……!?」」」 それに対して、更に反応を示したのは他のギルドメンバー達

主に男性陣が一気に俺との距離を詰める

「テメェライトォ!! こんな美人が彼女って一体何がどうなっているんだァ!?」「本当に攻略していたんだろうな!? 攻略は攻略でも美人を落とす意味での攻略とかしてたんじゃねえのか!?」「冒険って……冒険は冒険でもこのソフィアさんの開拓に勤しんでいたのか!?」「ちょっとライト君? ユメちゃんとはどうするの!?」「え!? わ、私ですか!?」「何でテメェなんだ!? セイヤとかなら諦めは付いたが、よりにもよって!」「お、落ち着けよ……というか、セイヤならって何だよ!? 確かに俺もそう思うけど、面と向かって言うなんて失礼だろ!? てか、ユメは関係無いだろ!? そもそも、別に俺達はだな……その……」 付き合っていない

それを言おうとしたが、言い淀んでしまった

 実際はその通りなんだが、改めてそれを話すとなんか悪い気もする

あなたも好きかも:スロット 歴代名機
「どうしたんだよ

別に俺達は……なんだ?」「あー……えーと……」「ふふ、やはり優しいな