パチンコ オーメン 6月6日

パチンコ オーメン 6月6日

でも……アプリコットを女の賢者になさりたい訳ではありませんよね?"―――実は、少しだけ"魔導師"になって欲しい願望はある

(いつか、娘と魔術に関して話をしたい)そんな考えをした途端、バンが声を出して笑う

嫁いで来たときから、指の数に満たないほどしか見たことがなかった、大きな夫の笑い声だった

勿論、驚いた

『それは大丈夫だろう、父上が言うには"賢者はなりたくてなれるものではないらしいし、《人数》が決まっている"との事だ

あなたも好きかも:蕨 スロット
この前、新しい賢者の候補、まだ年若い少年らしいが上がって暫くはないだろうから、アプリコットが"賢者"になることはない

いやしかし、驚いた、シネラリアが父上と同じような事を心配していたとは

実は手紙に心配するようなような記述があるんだ』"そんな……恐れを多いことを言ってしまいました"誉められた訳ではないのだが、賢者と同じように言われた事に何だか異様に照れてしまう

『父の場合は"賢者にならなくて良かった"という事らしいが

とりあえず、自分に似ている孫を持った、私とシネラリアの心配をしてくれている

あなたも好きかも:スロット マルハン金沢
それなりに、自分が幼年期に言われていたことを思い出して、考える事があったんだろう

父本人は"孤独"とも"寂しい"と思ってはいなかったけれど、もしも自分の孫を世間が可哀想なものを見る目で見られるのは、堪えられない……というよりは、鬱陶しいのかもしれないな

孫は自分と違うと思っていながらも、子どもが孤独である様は、どうしても大人が気にするからな』"この子を孤独になんて、させませ……"そこまで言って、言葉が止まる

『ああ、寂しい気持ちはさせたくないな』夫が途中で止まった妻の言葉を少しだけ不思議そうに首をかしげていたが、会話を繋げてくれた

しかしシネラリアは突如気持ちが塞がれるような重い気持ちに包まれた

(アプリコットは、この娘は双子だったということを忘れかけていた)―――産まれて来るはずだった命の存在を、忘れてしまっていた

今が、日常の幸せに溢れていて、本当に忘れかけていた