カジノシークレット キャッシュバック

カジノシークレット キャッシュバック

そしてオーリは自分が現在いる場所がどこであるかを思い出した

「そうだったな……変わらず牢獄の中か」 そう口にするとオーリは自嘲的な笑いを浮かべた

 先ほどまでオーリは仲間たちともに異世界を歩いていた

馬のいない鉄の馬車が走り、巨大な鉄の鳥が空を飛び交い、四角い城が建ち並ぶ異世界

争いはなく、食べるものにも困らず、光満ち溢れた人々が笑いあえる世界を旅していた

そんな夢を見ていた

(ナオキたちの故郷

あなたも好きかも:巨人の星3 スロット 演出
そして父さんの故郷……) 父親はオーリの思うほどに良いものではないと口にしていたがオーリにとっては父親の故郷は理想郷だった

 それは父親の世界の話を冗談の類と考えていた時期への罪悪感も相まって美化されているだけかもしれないが、オーリのそうした思いはここに閉じ込められてからもより一層強まっていた

あなたも好きかも:パチスロ バイオハザード5 終了画面
(こう暗いと時間も分からないな

食事の時間も不定期だし、もうどれくらい経ったのか) オーリは考える

数日のような気もするし一ヶ月は経ったような気もしていた

時間的感覚が狂わされているのが分かるが、基準となるものがないのだから、やはりオーリには分からないとしか言えなかった

(ま、時間だけはあると思っておこう

今ならいくらでも挑戦は出来る) オーリはひとり頷いていつも通りの事を始める