ハクション大魔王 スロット

ハクション大魔王 スロット

あれだけ好きな要素を詰め合わせた方に出会うことは稀なので、少し残念ですが……」そう告白したネアに、こちらを見ていたエーダリアの手が激しく震えた

表情はやけに虚ろなこと以外変化はないのだが、ペンを手にした片手ががくがくと震えている

あなたも好きかも:神栖 スロット
「…………ネア、契約の魔物の前で、気安く他の生き物への好意を口にするな」「ディノ、嫌でしたか?」「………ネア酷い」振り返ると、隣に座っていた魔物はしょぼくれている

心なしか髪の毛もパサついており、ネアは慌てて三つ編みを手に取った

「一般的な好意ですよ?あの雪食い鳥さん個人へ向ける感情云々と言うには、あの方を知りません」「ご主人様は残酷だ………」「ディノ?」その上、人型に見えても相手は鳥なのだから恋愛対象にしてはいけない生き物なのだが、魔物は目に見えて悄然としてしまった

あの俳優が好きだと言うような範疇を超えて、あの犬が可愛いとか、あの鳥が綺麗だという感想すらの罪のない好意も許せない状況だろうか

時間をかけて溺愛してきたつもりだが、まだ、どんぐりにすら嫉妬した魔物の病気が治っていないのだと半眼になる

「ええと、……安心して下さい?ディノ

私の本来の異性の好みは、安定感のある穏やかで面倒見の良い柔和な方です

あなたも好きかも:有楽町 パチスロ 優良店
雪食い鳥さんは、そのような範疇の好意ではなく、単に個体として気に入っただけですよ」「……お前、それは一つも慰めてないぞ?」「エーダリア様?これでも固有名詞は避けたのですが……」「ネア様、と言うことは、その条件に一致する方がいらっしゃるのですね?」「………その方に恋はしていませんよ?」「………………成る程」「ネア!」またエーダリアに叱られたので、ネアは早々に報告義務を切り上げて退席することにした

あなたも好きかも:イーグル パチンコ 沖縄
実際問題に発展しないところの会話でも、こんな風に責められてしまうといささか辛い

ネアとて年頃なのだから、理想のタイプぐらい存在する

残念ながら、グラストは若干年上過ぎるし、ゼノーシュの領域である

また、ウィリアムはそもそも高位の魔物であることがネックになっており、好みのタイプであるとは言え対象外の二人なので、ここも実際問題には波及しない筈なのに

そして、案の定、部屋に帰ると魔物は巣に立て籠もった

最近激化している、ご主人様への抗議活動である

しかし、思想規制までを許すつもりはないので、今回はネアも断固として戦う姿勢だ

「ディノ、しょうもないことで拗ねてはいけません」「…………ひどい」「あの方は鳥です