スロット 艦載機

スロット 艦載機

 稀ではあったが、強い相手と戦うたびに、心の監獄に押し込めていた何者かが存在を主張するのを感じた

ラヴェンナのオーディス・シャティオンの時もそうだった

だが、限界まで拮抗した戦いを経験したことによって、自分の暴性を縛る鎖は一層強固なものとなった

奇妙な逆説だが、解き放たれた力を目の当たりにすることで、かえってその恐ろしさも理解出来たのだ

 そして、自分の剣を砕いた闇渡り……闇渡りのイスラのことを思い出した

いくら条件付きとはいえ、自分がまだ負けられる(・・・・・)ことを知れたのは、純粋に嬉しかったものだ

 意識は自然と、彼が連れ去っていった弟子の片割れに移り、彼女らに手ほどきをしていた頃の記憶へと遡っていった

あなたも好きかも:バカラ 刻印なし
 ギデオンの脳裡で、いくつもの光景が駆け抜けた

 驚かざるを得なかった

あなたも好きかも:パチンコ 平和 ルパン 新台
 どんなに戦いの記憶を掘り返してみても、あの双子に剣を教えていた頃の記憶の方が、色鮮やかに思い出されるのだった

些細なことの連続で、危機や危険とはおよそ無関係な日々

自分が内心、物足りなさを感じていた世界

 だが、その日常の中で、いつも一つの眼差しが自分を追いかけていたことを、ギデオンは思い出した

暗闇の中にいたギデオンは、突如自分の首回りに、灼熱した鉄のように熱い何かが巻き付いたのを感じた