パチンコ 規制 北朝鮮

パチンコ 規制 北朝鮮

「――――――お、お父様………!?」 俺たちの目の前に現れた血まみれの騎士は――――――カノンの父親であるギュンターさんにそっくりだったのだから

「ギュンター………さん………?」 黒い甲冑に身を包んだその騎士の顔を目の当たりにした俺は、我が目を疑いながらG36Kの銃口を下ろしてしまった

 もしここに来た目的がウィルヘルムと思われる新種の魔物の討伐ではなくダンジョンの調査だったのならば、こんなに驚愕することはなかっただろう

仲間たちと最深部まで到達し、ここに立つ騎士の顔を見て驚愕することは変わりないかもしれないが、もし調査が目的だったのならば銃を下ろしてしまう事はなかったかもしれない

 だが、俺は下ろしてしまった銃口を慌てて目の前の騎士へと向け、スコープを覗き込んだ

あなたも好きかも:ぱちんこ 楽しみ方
こいつは敵だ

管理局にレポートを提出しに行く俺たちを見送ってくれたギュンターさんがこんなところにいるわけがない

あなたも好きかも:テキサス ホールデム オフライン
 ギュンターさんにそっくりな男を目にして俺は驚愕していたが、あの人とは違う部分を見つけたおかげなのか、徐々に敵意と冷静さが息を吹き返し始めた

あなたも好きかも:ウルトラマン ゼロ パチンコ
 ―――――目の前のこの騎士は、ギュンターさんのように眼帯をしていない

 確かに顔は傷だらけだ

緑色の光で照らし出される広間に立つその騎士の顔には、刃物で切られた無数の傷跡が浮かび上がっている

しかし、この騎士は眼帯を付けていない

片方の目を失ったわけではないらしい

 カノンの父親であるギュンターさんは、俺とラウラが3歳の頃に、転生者たちとの戦いで左目を失っている

身体中に弾丸が被弾してボロボロになって生還したギュンターさんは、カノンが生まれてから義眼を移植し、その義眼を隠すために黒い眼帯を付けている