エキゾースト スロット

エキゾースト スロット

 もう夕食の時間だけど、迷惑を顧みずに代官の館へと向かった

「くっ、黒魔女……」 門番に来訪を告げて、やってきたのは、渋い顔をした便の人だった

あなたも好きかも:ドラクエ5 ウラ技 カジノ sfc
 あんまり憎しみを向けてくると、君の名前を称えて時計台兼、大規模・大便専用公衆便所を建てるわよ?「すみません、お食事の時間に

ちょっと急ぎお伺いしたいことがあるんです」「構わない……

中へ入ってくれ」 さすがに門のところで話す内容じゃないし、失礼だもんねぇ

あなたも好きかも:sankyo パチンコ ir
 村長の部屋……ってことでいいのかな……に案内されると、中ではエリファレットが待っていた

「黒魔女殿、何事だ?」「突然の来訪を受け入れて頂きありがとうございます」 ウーゴは王都の方に宿題を持って戻っている

ベンは私を案内した後に退室しようとしていたけれど、呼び止めて同席を求めた

「七日前のことです

ミルワード(ウーゴ)卿とブリットン(ベン)副官たちが、私の制止を聞かずに迷宮内部に入りましたよね

その時に、ウチのボ……ボ……」 やべえ、名前が出てこないや

「ボ……ボ……?」「ボ、ボ」「ボボ!」「ボ!」「わからん!」「そうですよね……ええと、ウチのボ……みたいな名前の職員のことです」「囁いた男か」 私は頷いた

あなたも好きかも:パチンコ 金稼ぎ
「その囁きは最後がいつだったか、記憶していますか?」「三日前、例の会談の前日だな」 三日前の、その三日前、つまり六日前から囁きが始まったことになるか

「ハッキリと背後から聞こえたんですよね?」「うむ……」 エリファレットは曖昧に頷いた

私はベンの方に向き直る

「七日前の突入時、その男を見かけましたか?」「ボ……みたいな名前の職員……?」「はい、目立たない男なので見過ごしがちですけど