パチンコ台 ジョジョ

パチンコ台 ジョジョ

あなたも好きかも:パチンコ 朝一 すぐ 当たる
 いや待てよ、あの男が絡んでいるならむしろロービトの好みを分析できていたんじゃないのか?「兄貴、あの男は相手を分析する術に長けている感じでした

ロービトに気に入られたのは運じゃなくて実力なんじゃ?」「その男がクアマに来たのは最近だ

仮に本人が変装をして接触していたにしても、会って間もない相手に意図的に気に入られるというのは難しい

特にロービトはへりくだる奴を嫌うからな

あなたも好きかも:あの日 スロット やめどき
様子見がてら慎重に接した時点で警戒されていたはずだ」「それもそうですね

……いや、でも……」「歯切れが悪いじゃねぇか

お前の直感か?」「ええまあ……」 兄貴が口にした『本人が変装をして』の言葉で、あの男がロービトに接触する光景が脳裏に浮かんだ

 あの男なら初見でロービトに気に入られる言葉を的確に導き出したとしても、そこに不思議を感じることはないと納得する自分がいる

「つまり奴さんは相当人心掌握に長けた化物ってことか

良いだろう

お前の直感は信じる

そのくらいの相手だと警戒しておこう」「は、はい!」「今儂らが最も警戒すべきは、チェニヤスと同じように何か捕まるようなネタを仕込まれねぇかってことだ」「ですよね!」 ロービトは出先でトラブルを演出された

あなたも好きかも:西武新宿線 パチンコ
だが兄貴はあの日から屋敷から外出することを避けている

 同じ方法で行くならチェニヤスのババアと同じ手段ってわけだ

 でもま、そこは大丈夫!「この屋敷に出入りしている連中の見極めはやっているんだろう?」「うっす! そいつがどんな意志でこの屋敷に訪れたかの大まかな読み取りは常にやってます」 この屋敷に出入りする連中は全員、俺の探知魔法を潜ることになる

 食料を運搬する顔見知りの商人から、手紙を届けに来たオバちゃんまで、兄貴に敵対心を持っている奴は誰一人として見逃しちゃいねぇ

「妙な奴を見つけたら直ぐに連絡するんだぞ」「了解です! ああ、それとは別に屋敷全体には探知魔法を、一時間に十回から百回使用して侵入者対策もばっちりです!」 屋敷にいる間も気が向いた時には探知魔法を展開する