ユニバーサル スロット 会社

ユニバーサル スロット 会社

「ネアが歌わないくらいの音楽かな?」「……それはどういう意味でしょう!」購入しておいた席は、中段の真ん中で、本の形をしたモニュメントの前だ

モニュメントの台座に寄りかかれるので、人気の席の一つであるらしい

ベンチに毛皮の敷物を敷いて、会場の各所では明るい魔術の火が燃える

寄り添ってホットワインを飲み、持ち込んだ食べ物を摘みながら見る、雑多なオペラは、不思議なくらいに心を明るくしてくれる

「ネア、君は今どこにいたの?」幕間の暗闇の中で、何もかもを見透かした目をして、ディノが問いかける

「私の心は、あの博物館を聖堂に見立てた、薔薇の騎士と氷の魔物の結婚式の場面です」まだ暗い舞台から想像して、その荘厳な音楽に沈み、ハムの香りでこちらに戻されたところ

「幸せかい?」その問いかけに小さく息を呑んだ

こんな風に、誰かと舞台を見るのは子供の頃以来だ

あなたも好きかも:麻雀ファイト倶楽部 スロット フリーズ 恩恵
「はい、とても」そう微笑めば、ネアの魔物も満足げに微笑む

隣のゼノーシュは、鶏肉を幸せそうに頬張っていて、まるで家族で過ごす夜のよう

「ディノは、幸せですか?」「……これは、幸せなのだろうか

暖かくて、とてもいい気分だよ」そう呟いてからどこか不思議そうに目を瞬いたディノを見て、ネアはご機嫌でホットワインを飲んだ

あなたも好きかも:ポパイ パチスロ 糞台
少しずつ、少しずつでいいのだ

こうして、幸せなことを見付けて重ねてゆこう