パチンコ 2ch

パチンコ 2ch

長く生き続けたことによる弊害が、多く人の死を見続けたことによる錯覚が、アリスの中にあった

「思い出すことはできるんだろ?記憶がないわけじゃないんだし」「もちろんだ

だが記憶がありすぎるとな、時折そういったものが混合することがある

今私は日本にいて、コータという少年と行動を共にしている

そういうことを思い出すのに数秒時間がかかるのだ」人間の記憶にも限界はある

アリスの記憶は未だ限界には達していなくとも、それでも何年も何十年も何百年も積み重ねた記憶は、徐々にアリスをむしばんでいるのだろう

昔のこと、些細なことは忘れても重要なことは忘れない

その重要なことも徐々にあふれてきているのだ

あなたも好きかも:スロット アラジン 初代
「その生まれ変わろうとした人ってさ、どんな人だったんだ?」「そうだな・・・よく笑う奴だったが、同じくらいよく泣くやつだったよ

子供の頃はちょっとしたことですぐ泣いてな・・・どうすれば泣き止むのかと苦心したものだ」アリスのその言葉に、その人物との関係性を何となく理解してしまった康太は、それを聞くべきかどうか迷っていた

あのような表情をしていたのだ

きっと大事な人物だったのだと理解しながら、康太は口を開くことはなかった

あなたも好きかも:まどか マギカ スロット 4
「そいつが魔術師の道を歩んで、長いこといろいろと教えたものだが・・・結局よくわからん道に進んだことになる・・・まったく・・・私の弟子は本当にろくなことをしない」聞くまでもなく、アリスの弟子の一人がそのような道を歩んだという事実に康太は目を細める

アリスが今までどれほどの弟子を取ったのか、そしてどれほどの偉業を成し遂げてきたのか康太は知らない

だがアリスの弟子の一人が人をやめようとしたという事実に、康太はどのように声をかけていいのかわからなかった