パチンコ メーカー 営業 求人

パチンコ メーカー 営業 求人

「クシュンッ

あなたも好きかも:パチンコ 背景 フリー素材
……ハッ……、ウッ……クシュッ」 我慢しても我慢出来ないのだろう

 立て続けにくしゃみを連発され、大介は「あかんあかん!」と慌ててベッドから降りてティッシュボックスを持って来て一枚を引き抜き彼女の顔に差し出した

その気配に、鈴菜はグスグス言わせながら受け取って鼻を押さえる

「……、大丈夫か?」 ベッドに腰を下ろして怪訝に覗き込んで問うと、鈴菜は顔を真っ赤にして、恥ずかしそうにまぶたを開け、涙を一杯浮かべながらオロオロと目を泳がせた

「……う、……す、すみま、せん……」「いや……、エエねんけど」「……わ、私……、アレルギー性……鼻炎、なんです……」「……

あなたも好きかも:まどマギ スロット 初代 設置店
はっ?」「……ホコリに、弱くて……

ホコリっぽいと……くしゃみが……止まら、なく、ッシュン!」 ――くしゃみ再発

 ベッドが埃っぽい、とうことか

つまり――“無理”だということだ

 「クシュンッ……クシュッ」と、何度もくしゃみをする度にベッドの埃も立つのだろう

止まらなくなってきた彼女のくしゃみに大介も気持ちが冷めて観念し、恥ずかしさで泣き出す鈴菜を「エエからエエから」と慰めた

……それしか出来ない

あなたも好きかも:パチンコ v-st
 結局、「お薬を持ってくれば……」と泣く彼女を「それならもう帰ってゆっくりした方がエエし」とタクシーを呼んで見送るべく部屋を出たが、「女の子のくしゃみが聞こえる」の通報で見回りに来た寮長に発見され、規則に従って大介は学園登校以外十日間外出禁止

自宅にも通報され、後に父親から小遣い減額を言い渡されてしまい、申し訳なさそうに帰った鈴菜は庇いきったものの、なんだか振り回されただけで、緩んでしまった性欲と疲れが残った、そんな五月の休みだった……