スロット ウルトラマン

スロット ウルトラマン

 ただの大量の血液となって、屋上の床にある血の浅瀬に混ざって消えていく

 その光景を見たラグネは呆ける

あなたも好きかも:パチスロ 基準
 はっきり言って、無防備だ

だが、私は彼女に襲いかかることはなく、声をかける

あなたも好きかも:パチスロ エウレカセブン 2 ゾーン
「いまの方はラグネの知り合いですか?」 はっとラグネは我に返り、その口を閉じて、真剣な眼差しを私に向ける

「ノスフィーさん……

もしかして、いまの騎士が、ノスフィーさんをここまで連れて来たっすか……?」 ラグネは私の質問には答えず、逆に聞き返した

あなたも好きかも:パチンコ ストローク 変わる
 彼女との『話し合い』を目的としている私は、特に気にすることなく正直に答えていく

「はい、そうです

危ないところを助けて頂きました」「そうっすか……

彼が、ノスフィーさんを助けたっすか……」 ラグネは僅かに眉をひそめて、微笑した

 その神妙な声から、彼女にとって先ほどの『血の人形』は核心に触れるもので、同時に予定外なものであったとわかる

 ラグネは出鼻をくじかれたのか、それとも別の理由があるのか

らしくもなく、私の望む『話し合い』を続けてくれる

「それで、その姿……

えっと、モンスターのスネイク系っすか……? 久しぶりに見たっす