北斗の拳パチンコ

北斗の拳パチンコ

 しかし小説は「読み手が主人公に感情移入して疑似体験を得る」ために書かれた文章です

 演技のように「外面的な特徴」だけをいくら書き連ねたところで、読み手は主人公に感情移入できません

―――――――― アルコールを飲んだときの、口の中の涼しげな感覚と、それを胃に流し込んだ後で少しずつ胃から体中が火照ってくる感覚

あなたも好きかも:まどマギ スロット 奇跡も魔法も
量が進むと注意力が散漫になり、思考が堂々巡りを始める

さらに飲んだら酩酊状態になって自分が何をしているのかすらわからなくなる

そして最後に酔いつぶれます

―――――――― ここまでほぼ「説明」です

これに「描写」を書き加えて「小説」にしなければなりません

 しかし困ったことに、私はアルコールがいっさい飲めません

あなたも好きかも:オンラインカジノ ブラックジャック カウンティング
一滴入っただけで直後からヒドい頭痛に悩まされるからです

 だから私には「アルコールを飲んだ人」の「描写」は書けません

あなたも好きかも:パチンコ 連れ去り事件
 私が書く小説に飲酒シーンがいっさい出てこないのもそのせいです