スロット ラスベガス 豊橋

スロット ラスベガス 豊橋

なんの意味があるのか、なんの意味もない戯れなのか、ただ、セツナを嘲るため、その場限りに変身をしたのか

あなたも好きかも:日向市 パチンコ 新 店舗
 そんな答えのない考えを巡らせていると、部屋の外からも物凄まじい音が響いてきた

建物全体が激しく揺れるほどの物音の発生原因は、想像も容易い

ミリュウたちだろう

あなたも好きかも:パチンコ 全く当たらない
レムにセツナの覚醒が伝えられ、全速力でこちらに向かってきているのだ

 セツナは、父の姿をした神のことを掻き消すと、扉に視線を向けた

部屋の広さに相応しい豪奢な両開きの扉が、勢いよく、弾けるように開かれると、真っ先に飛び出してきたのはだれあろうウルクであり、彼女の加速力にはミリュウもエリナも唖然とするほかないといった様子だった

「セツナ!」「ちょっ……ずるいわよ!? ウルク!?」「ウルクお姉ちゃん、ずるーい!」「ずるいもなにもないでしょ……」「いやでもあれはずるくねえかな」「そうでございますね……」「そうかしら……」「ファリア殿には乙女の機微がわからんと見える」「どういうことよ」「まあまあ……セツナ様も意識を取り戻されたばかりですしあまり大騒ぎをされるのはどうかと……」 といって、皆を執り成そうとしたのは、ミレーユであり、押し合いへし合いしながら大きな扉を潜り抜けてきたのは、ウルクナクト号の仲間たち全員といったところだったが、セツナがそれを確認できたのは、しばらくあとのことだった

あなたも好きかも:タマちゃん スロット
魔晶人形の運動性能を最大限に活かして最速で寝台側を確保したウルクがその勢いよろしくセツナを抱きしめ、魔晶人形の躯体性能を危うく全力で抱き竦められ、激痛の中で意識を失いかけたからだ

 セツナが加減を忘れたウルクの抱擁に悲鳴を上げれば、ミリュウを始めとするその場に集まっただれもが大騒ぎに騒ぎ、おそらく部屋の外に控えていたのだろう護衛の兵士たちまでもが室内に飛び込んでくるほどの騒動となったのだった

 セツナは、懐かしい痛みの中で生きている実感を覚え、喜べばいいものか、泣けばいいものかよくわからない感情に振り回された

大きな、とてつもなく大きな戦いが終わったことの疲労感は、むしろ大勝利の達成感や喜びのほうが遙かに強く、そのことが戦後処理への身軽さに繋がったのは事実だろう

 もちろん、失ったものの多さ、払った犠牲の大きさを考えれば、手放しには喜べないのも事実だ

だが、敵対勢力の規模、戦力差を鑑みれば、その程度の代償で勝利できたのは、むしろ奇跡というほかなく、統一帝国が存在しているだけでも喜ぶべきことだった

少なくとも、存亡の危機に瀕し、滅亡する可能性だってなくはなかった

 もし、セツナたちがこの大陸を訪れることがなければ、東西紛争の真っ只中、北大陸からの侵攻があっただろうし、そうなれば、たとえ東西帝国が外敵に対抗するべく手を取り合うような事態になったとしても、万にひとつの勝ち目もなかったのは疑いようがないのだ

容易く敗北し、ナリア率いる大帝国の軍門に降っていたのは想像に難くない

「とはいえだ